ashibenomics , Happy healthy Life

数字語を鍛えませんか?

数字を身体感覚を使ってとらえる。
数字と仲良くなるヒント、いかがですか?

img_56c25146dd444

 

勝間和代の数字に強くなるセミナー 勝間和代オフィシャルサイト

会社帰りにこちらに参加しました。

参加する直前まで、「数学に強くなるセミナー」だと思い込んでいました。いいえ、「数字に強くなるセミナー」なんです。

今回でこの数字に絡めたセミナーは3回目とのこと。
1回目 フェルミ推定
2回目 2時間でわかる確率・統計  意思決定に役立つ最強のツール

そして今回の3回目。会場は、多くの人でパンパンでした。

やってみよう!

  • 30cm、1mを、すぐ体でしめせる?
  • 1分を体で分かる?(目をつぶって手をあげてみよう)
    →1秒ずつ数えると、数秒長くなる?40秒で手をあげた方も(*’▽’)
  • 駅からここまで何分かかりました?その時の移動距離は?
    →車の移動距離と電車の移動距離の違いは?
  • Suicaを使っても改札を出るときは金額をチェック!
    →この移動距離にいくら使ったかを意識する。
  • 家に花瓶がある方は、その高さ、口の広さをメジャーではかってみよう!
  • スーパーで買い物したとき、カゴでいくらくらいかを意識しよう!
  • 睡眠ログをとってみる。
    →実際の体の疲労回復とのリンクを体感する

理論と実践ですね!

 

日常生活があっという間にトレーニングに変わる

武井壮が身体感覚を鍛えるように、その数字版を勝間さんは実践している。

参考としてこんなログを見つけました。

武井壮流トレーニング理論 日常生活をすべてスポーツに変える

僕はね、あんまり、トレーニング理論っていうよりも、とにかく自分の体を頭で思ったように動かせればスポーツなんか簡単だっていう理論ですね。
(略)
常に自分の体と頭を使ってやってると、24時間ずっとスポーツの練習をしてるようなもんなんで。自分の体を頭で思った通りに動かそうとする能力が伸びるんですよ。

この文章の中で、スポーツのところを数字におきかえたら、
そのまんま勝間さんの話とつながりました。

「1カ月、数字を意識して生活をすると確実に変わる!」というコトバを信じてたのしみます!

 

 

 

 


数字語を鍛えるとお金に困らなくなるんですって!

 

Facebookページ作りました。

 

The following two tabs change content below.
ゆき
ゆき
3匹のチワワと暮らす/写真/ガジェット/読書/統計/親指シフト/スケッチ/東京都在住/詳しいプロフィールへ
スポンサーリンク