ashibenomics , Happy healthy Life

ゆるやかなつながりから始まること

くるみ亭、初の東京開催でした。

関西では何度も開いているのですが、東京では初。
まだかまだか~、と待ち望んでいた声がどんどんと大きくなって、
夕方と夜の2部構成になりました。

規模は、スタッフ入れてどどーんと総勢50名!

「私、会場おさえますよ~」からのご縁でひょっこりとお手伝いチームに参加。
お料理とは縁遠いところにいる私は、裏方を撮ることにしました。

調理室は、火元は3口コンロが二つ、洗い場は蛇口二つ。
作業台は広々としていました。

先に到着したので、箱からモノを取り出して取り急ぎ並べてみました。

 

このフリーザーパック10個は、くるみさんがたったの一晩で仕込んで友人に宅急便で送りました。友人宅の冷凍庫で保存してもらったもの。これだけの量が冷凍庫に収まるのもすごい。

このボリュームだけでくらくらします。

 

 

お楽しみはこれからだ! いってきます( ´ ▽ ` )ノ

ゆき@アシベノミクスさん(@ashibenomics)が投稿した写真 –

車で会場まで運んでいただけました。感謝!
出発前にパチリ。
傘とのバランスから箱の大きさが伝わるかしら?

 

とても大きな箱で届いたのは、同じ塾生仲間であり、農家さんでもある方からたくさんの野菜をお届け。

 

「サラノバレタス」です、はじめてみました!

くるみさんはノートを片手に次々と、「あれおねがーい」、「今度は、これねー」ってささっと指示出し。
手が空いた方も、「次はどうしましょうか?」と声かけでスムーズに進みます。

これだけの食材を3時間弱で、出来上がるのかしら?と不安な気持ちでしたが、わたしが心配してもしゃーないと、お米を研ぎました。
お米もお友だちの家で作っているとのこと。
ほんとうにおいしかったです~。

 

準備している方たちへとステキな差し入れをいただきました。
口に入れたときに、サーッと消えていくような甘すぎず軽い食感に驚きました。

 

おしながき

お友だちのお嬢さんが、「くるみ亭いいなぁ…」とつぶやきながら、つくってくれたおしながきです。

夕方の部

  • 満点ごはん
  • おにぎり
  • 野菜の豆乳スープ
  • 切り干し大根のトマト煮込み
  • 油揚げと人参の煮物
  • キャベツとりんごのコールスロー
  • サラダ
  • 黒糖ゼリー(黒豆入り)

夜の部

  • 満点ごはん
  • 千石大豆入りごはん
  • ゴマ汁
  • 揚げ出し豆腐入りの煮物
  • 茎わかめのつくだ煮
  • 切り干し大根の中華サラダ
  • サラダ
  • 白菜の野菜味噌和え
  • キャベツとりんごのコールスロー
  • りんごのコンポート

 

参加者に配られる「くるみ通信」も、お友だちがくるみさんのブログから、
これこそは!というものを再編集してくれるのです。

今回、ピックアップしていたのはこちらのメニューです。

他にも本当に使えるレシピがたくさん載っています。

おうちカフェ | ワーキングマザーのレシピ

 

料理が得意ではない私でも、簡単に作れるメニューがたくさんあるのです。

 

くるみさんには、テーブルをまわって、みなさんとおしゃべりしてもらいました。

ずーっとつくって、しゃべって、またつくって、しゃべってと、本当にフル回転。
それでも、くるみさんはどんどんと力がみなぎっているように見えました。

私は、ほぼ座っている生活なので、半日立ちっぱなしだけで、腰が…状態。
くるみさんが、はつらつと動き回る姿にエネルギーをいただきました。

ゼロ歳児から集まった子連れでの夕方の部に25名

夜は、オトナで30名。

雰囲気だけでもお届け。

 

お片づけは、お願いするまでもないスピードで、みんなでどんどん進んでいて、予定よりも20分も早く撤収できました。

お持ち帰りもありました。

50人前、ほぼ完食です。
ありがたいですね(^▽^)/。

4年前の2012年3月は、私は、この日にお会いした方を誰一人として知り合いではなかったのです。
SNSやfacebookのゆるやかなつながりの心地よさを味わいました。

くるみさん、ごちそうさまでした(*’▽’)


食堂のおば…と2回くらいよばれましたが、
華麗にスルーしました(;・∀・)

Facebookページ作りました。

 


The following two tabs change content below.
ゆき
ゆき
3匹のチワワと暮らす/写真/ガジェット/読書/統計/親指シフト/スケッチ/東京都在住/詳しいプロフィールへ