ashibenomics , Happy healthy Life

とうが立った新人ですが

春から異動した部署の自己紹介のしめに、こんな言葉が口から出た。

「とうが立った新人ですが、よろしくおねがいします!」(笑顔倍増)

使い方としてあっているのかなと確認すると、頭の中のイメージがより鮮明に出てしまった。

薹が立つ(トウガタツ)とは – コトバンク

今度はもっと多い人数の前で、自己紹介をする時には、うっかりで口にしないでおこう

 

異動してそろそろ半月。

おっかなびっくりで動いているのだが、このタイミングでの異動。
希望した業務に、もしかしたら近づくかもしれないという期待。
ここで結果を出さなかったら、もう後戻りはないかもという恐れ。

さっきまで自信にあふれた気持ちだったかと思うと、
急に、どうなのかな、と怖気づいたり。

 

ほぼ日刊イトイ新聞 – おとなの小論文教室。

「外」にふれて、
せめぎあい、
思いもかけず通用したとき、
はじめて、自分に外で通用するチカラが育っている、と
気づけるのかもしれない。

だから、
新年度の環境の変化は、ほんとうにチャンスなんだと
私は思う。

 

なんてベストなタイミングで、このコトバを読めたのかとうれしく思う。

ミレニアムムードがまだ残る 2001年。
ほぼ日のズーニーさんの連載をVisorに入れて読み、
長い通勤電車に揺られて、
サメガメにもかなりはまっていました。

15年後の2016年。
ほぼ日のズーニーさんの連載をiPhoneから読み、
電車とバスに揺られて、
LINEのPokoPokoにもはまり…。

とうが立ったはずの新人のやっていることは、15年後も変わっておりませんでした。


寝る前の『少年アシベ』がやめられません(;´・ω・)

Facebookページ作りました。

The following two tabs change content below.
ゆき
ゆき
3匹のチワワと暮らす/写真/ガジェット/読書/統計/親指シフト/スケッチ/東京都在住/詳しいプロフィールへ
スポンサーリンク