ashibenomics , Happy healthy Life

パワーがめぐる場所~レゾナンスリーディングマスター講座

参加する前から、いっても大丈夫かなぁと不安も入り混じる講座

『レゾナンスリーディングマスター講座』にいってまいりました。

基礎講座をうけた後に、2日間コースのマスター講座があるのは、以前より知っていたのです。

その時にFacebookにあがっていた写真は、洋書も織り交ぜた大量の本の山。
ちょっとまだ無理かなぁとしり込みしたまま、時間ばかりが経っていました。

ところが、講師の渡邊康弘さん(ヤスさん)が、5月末に読書法に関する本を出すということで、今のうちに受けておこう!と思い立ちました。

 

要チェックですよ! 1冊20分、読まずに「わかる! 」すごい読書術

 

受講生7人という少人数でのまなび。

 

マスターってなんだろう?

マスター講座とついているのだけれど、「マスター」と聞いてどんなイメージがする?

(バーのマスターが速攻で頭に浮かんだけれど、それは封印しました)

  • 読書スピード
  • 専門性
  • 独自性
  • ブランド力
  • 発信力

ブランド力や発信力アップになるのかー!と期待がさらに高まりました。

自分がこの講座で、なんの専門家になりたいのかを明らかにします。

 

自己紹介のときに、データ分析の専門家になりたいと伝えると、ヤスさんから今思いついたんだけどね、とキーワードを受け取りました。

「あぁ、それ面白いですね。」

のほほーんと、いいヒントをもらったなぁとニンマリしました。
次の日に、ひやっとする体験をすることになるとは知らずに…。

 

 

マルチプルプロセス

加速学習として、自分の専門性を高めるために必要な本を取り上げます。

ただ、自分がどうありたいのか?という思いで手に取った15冊余りの本から、触った感じやイメージで5冊まで絞り込みます。

 

最初に写真の山から選別した本。
えーっとデータ分析についての本はここには残っていません(;・∀・)。

 

一冊あたり8分で、次々とレゾナンスリーディングのファストプロセスで進めます。

 

ストーリーキューブを使いながらのメモもしていきます。

この意図はなんなんだ?とまだわからないままで、次から次へと本をインプットしていきます。

5冊目が終わることにはふらふら。何本もダッシュをしたかのようです。読んでつかんだ内容を1分間ずつシェア。話すことで、自分の頭の中も少しずつ整理されてきます。

 

ビジネス洋書を読もう!

 

洋書をいただきました。包まれている状態で、どんな本か?表紙の色は?とイメージをふくらませます。

 

ヤスさんは年間500冊以上のビジネス洋書を読む変態(…すみません)レベルの方。

これはいいよ!とすすめる洋書なので、安心です。

洋書が読めるということは、日本に翻訳されるまでの数年という時間を待たずして、海外での流れをつかめるのがいいところなんだと言われて、納得。

ビジネス洋書を買うなら、どの書店さんおすすめ?といったコアな情報もききました。

洋書を初めからしっかり読もうとして挫折してしまう人には、レゾナンスリーディングの手法を使って読むと、思いのほか、スーッと入ってきますよ。

この手法ならば、高校卒業程度の英語力があれば、十分とのこと。

 

参加者に応じて、カリキュラムが自在に変わる講座なんです。

一日目にして、ギュギュっとエッセンスが詰まっていて、二日目はいったいどうなるんだろうか?と思いながら帰宅しました。

つづく…

1冊20分、読まずに「わかる!」すごい読書術 著者:渡邊康弘


1冊20分、読まずに「わかる! 」すごい読書術
渡邊康弘 サンマーク出版 2016-05-30
売り上げランキング : 17332

by ヨメレバ

レゾナンスリーディングとは

レゾナンスリーディング

これまでの受講記
基礎講座(再受講) 2015.12

レゾナンスリーディングで年納め

 

基礎講座 2015.6

共鳴する読書ってなんだ?


まだふわふわと余韻に浸っています。

Facebookページ作りました。


The following two tabs change content below.
ゆき
ゆき
3匹のチワワと暮らす/写真/ガジェット/読書/統計/親指シフト/スケッチ/東京都在住/詳しいプロフィールへ