ashibenomics , Happy healthy Life

自我を満たしたかったら○○をすればいい

「競争」について長いこと想いを巡らせています。
はい、勝間塾のサポートメールの今週のテーマが『競争と親しむ1週間』なんです。

競争といって、パッと頭に思い浮かぶのが、SFの「競争性」。
ほぼ自動的に、ぴこーんとあの方の顔が浮かんできます。

あえてリンクを貼りませんよ(;・∀・)。

ここで34資質をがっつり出した、この中にリンク貼ってましたから。

強みをいかすということは?

私自身、「競争性」は19位。
まぁふつう。嫌いでもないし、といったところ。

競争性と自我は親戚のようなもの、というたとえを以前、ひであきさんから聞きました。それに驚きつつも、競いあうもしくは認められたい他者がいることが、自分の原動力になるところは似ているんですよね。

競争性であれば、
「一体、何と戦ってるんでしょうね?」

この言葉は、自我に置き換えたら、こんな感じですね。
「一体、何に認められたいんでしょうね?」

 

キャラにしてしまえ

ストレングスファインダーは自分の強みをしるツール。
最初に受けたときは、自我は2位、目標志向が1位でした。
それから5年後に受けると、自我がトップになっていました。

なんとなく自我ってちょっとね、と2度目に受けるときに下がりがちだと聞いたことがあります。えぇ、トップに出ていたんですよ。

 

自分が好きになるキャラをつくったのが2013年。
「ガジガティーヌ」という名前を付けて、この子が悲しまないように自我っていいものだという振る舞いをしていました。
するとどうでしょう。As if の法則といいますが、自我っていいよなぁという気持ちが高まってきました。自我資質が高い仲間とのとりとめのないおしゃべり。
こうして、自分の中の「自我」という資質に折り合いをつけて来ました。

 

自我を満たしたかったら○○って?

学生時代からの趣味で「献血」によくいっていたのです。
血の気が多いのはもちろんなのですが、動機は何だったのか?と振り返ると
あの、受付の方、問診の先生、看護婦さんたち、みんなからの感謝の雨あられが本当に心地よかったんです。
あと、自分の健康にも感謝できます。

そう、私の「自我」がたっぷりと満たされる時間なんです。
そのためならば、成分献血に足しげく通うことなんてなんてことはなかったのかと。

なので、ちょっとほめられたりない方、認められたい方は、献血に行くといいですよ。

 

決して、このキャラ物がほしくて、献血しているわけではありません。
もらえたらうれしいですけどね。

 

おまけ

何かにつけて、金塊が…と語る競争性の方に、こちらをプレゼントします。
全部取ったわけじゃないけど、記憶はどんどん美化しますからね(;・∀・)

なんだか、誇らしげにみえてくるのは気のせいかしら?

 

 


あなたは競争が好きですか?

 

Facebookページ作りました。

 

 

The following two tabs change content below.
ゆき
ゆき
3匹のチワワと暮らす/写真/ガジェット/読書/統計/親指シフト/スケッチ/東京都在住/詳しいプロフィールへ