ashibenomics , Happy healthy Life

ストーリーを組立てるプレゼンを体験しました

企業内で変革をおこすんだよ。

そんなメッセージをずっと受けていました。
「いやぁ、そんなの難しいよぉ」と半ばあきらめ気味の私も、全7回の「企業内イノベータ読書会」に参加するうちに、意識が少しずつ変わってきました。
変えられるかはわからないけれど、やってみないと変わらない。
変わったらいいのかもしれないと、思うようになりました。

 

第一回は2015年10月でしたので、季節が半分以上すすみました。

今回、主催者のたろさんのブログ。 何から何までお世話になりました。

企業内イノベータ読書会終了! | たろむーん

 

たいたいさんのワークショップは、実際に、読書会を社内で実践している人の話なのです。社内だとこれはできる、これは少し難しいかもといった温度差を伝えてくれます。

 

今回は、こちらの2冊。
プレゼンの構成を考えるための話に重きを置いた左。
マテリアルを作るときのデザインの要素まで踏み込んだ右。

 

このワークショップ型の読書会での、自分の目的を付箋に書きます。こられなかった友達に伝える気持ちでプレゼンを学びましたよ。

 

キューブで自分を語れ

自己紹介前に、ジョブズのiPhone製品発表の動画を鑑賞。
詳しくはこちら(logmi)

このレベルなんて、神業じゃないかーとくらくら。
まねできるのは黒のタートルネックとジーパンくらいかなぁ^_^;

 

最初に、ストーリーキューブを転がして出た目をつかって、即興で自己紹介します。

私の番が終わってすぐ、たいたいさんが同じように再現したのです。
それもこれもキューブのイメージでストーリーを覚えていたから。

いかにストーリーが大切なのかを実感しました。

 

2冊の課題本をファストステップのレゾナンスリーディングをしたのちに、プレゼンをつくってみよう!となりました。

 

困っているあの人に提案しよう

困っている人を想定して、問題点をFORTHメソッド(*1)を使ってヒアリング。

参加者それぞれの課題に対して、一人2分で、解決策を大きな付箋に書いていきます。

そして、プレゼンを作るときに出てきたのは、フューチャーマッピング。

久しぶりに書きましたよ^_^;。

 

神様カードも飛び出して、ギフトに配置。
大切なのは、「利他の心」とのこと。はい、心しておきます。

 

ストーリーのイメージをふくらますために、セルフセラピーカードも使います。

 

むむむー、いったいどんな展開でのプレゼンになるんだー?!

 

付箋一枚をひとつのスライドイメージで仕上げます。

用紙サイズの制限もあり、ほぼビジュアルのみ。

3分間プレゼンテーション

そのまま、ほぼノンストップでプレゼンへ。
ひとり3分(本当は6分といわれたけど、全員で3分に嘆願^_^;)

発表後は、それぞれ、良かったところ、もっと良くなるためのポイントを確認。

久しぶりのプレゼンでしたねぇ。

たいたいさんのこんな言葉が頭の中を駆け巡っています。

・安全領域を飛び出す必要があるときがくる。
・勝負プレゼンは4回はリハーサルせよ!

今までのワークショップはこちら。

プレゼンのエッセンスを体験しませんか

 

朝一番の盛り上がり

EU離脱のという見出しの日経に、やすさんの本が出ていました。

kindleでも出ていたので、思わずポチ。
これでいつでもレゾナンスリーディングの方法に立ち戻れます。

 


ランチは、いつもの「かえもん」にて。
たろさんが毎回、お店まで受取に行ってくれるんです。
ありがたい…。

 

今回の写真は、参加者のさっちさんのものをいただきました。
あざまーす!

 


課題図書

(*1)FORTHメソッドは、たいたいさんのブログが詳しいです。

大企業でイノベーションを確実に進める方法 FORTH Innovation Method – 渡せる改革  三宅泰世のBlog

 

本当に長い間、ありがとうございました!実生活にも活かします!


秋にはバージョンアップするらしいので、楽しみにしています。

 

Facebookページ作りました。

 

おまけ。打ち上げー。

 

photo by さっち。

 

The following two tabs change content below.
ゆき
ゆき
ゴマちゃん好きで、好景気にあやかってはじめた「アシベノミクス」。 3匹のチワワと暮らす/データ分析をしつつも感情優位/好きなものが小学生から変わっていない/左で絵を描き、右で文字を書く人/小中高とバレー部、大学は女子アイスホッケー。社会人ではバレーの試合中にアキレス腱断裂で引退/東京都在住/詳しいプロフィールへ
スポンサーリンク