ashibenomics , Happy healthy Life

未処理の感情に気付いたら

ふとわきおこる不安やおそれ。そのたびにモグラたたきのように、そんなことはない、きっと大丈夫だと言い聞かせてきました。

怒りの感情は、大丈夫だと思っても、でもでもでも許せないという気持ちをずっと引きずっていたのが2015年の秋でした。
そんな中に出会った、ゆかりさん。
何度かお会いして話をきき、そして自分の話をするたびに、思考にはクセがあると理解しました。

これは、「コーピング」という考え方なんだよと、ブログに書こうとしても、どうもうまくできない。
まぁ、自分の気持ちが落ち着いてきたから、よかったということにしていました。過去記事にもほとんどその話は出て来ません。

 

そうしたら、ゆかりさんの2冊目となる著作がでました。

 


ちゃあもコーピングやりたいの?

この本には、多くのワークがあります。
以前に体験したものも、改めて書き出してみると、相変わらず心はざわつきます。
あれ?大丈夫になったはずだったのにな。

もう少しじっくりと取り組む課題が自分の中にあるようです。

「起こること全てに意味がある」

一冊ずつことなるコトバを書いていただきました。
このコトバを私のところにやってきた意味をとらえています。

 

 

ともすれば、マイナスと思われる感情も、自分が気づいてokを出せばいい。
感情を全て表に出してしまえばいいのとは違う。


本を読んだ走り書き。

想いを巡らせたときに、わからない、面倒くさい、自信がないといった感情がわいてきたときに、そこにヒントがあるはずだと。

以前に聞いた話で、まさに自分だと思ったことがありました。

 

【躁的防衛】-そうてきぼうえい

本来の課題からの直⾯化を避けるため、⾃⾝の⾝を守るため、仕事を忙しくしてみたり、⽇常に多くのタスクを持ち込むことにより、⾃⾝に不都合な現実を直視させない⼀種の防衛本能。社会的に有効に⾒えるが、現実と向き合えない未成熟な⼈間が取る、躁的防衛⾏動。

4nessコーピング keyword50 basicより

何かを見たくないから、隙間に何かをたくさんいれているのかもしれません。

 

もっと知りたい方へ

こちらのサイトへどうぞ。

4ness.com | 未処理の感情に向き合い我(われ)がままに生きる

PDFの小冊子

4nessコーピング・小冊子ダウンロード

 


 

新宿を通ることが今年から増えました。
ライトアップがすごいですね。

 

 


すべてに意味があるとしたら、この感情はなんのサインなんだ?

 

Facebookページ作りました。

 

 


The following two tabs change content below.
ゆき
ゆき
3匹のチワワと暮らす/写真/ガジェット/読書/統計/親指シフト/スケッチ/東京都在住/詳しいプロフィールへ