ashibenomics , Happy healthy Life

本を通して対話するということ

「なんで読書会をするんだっけな?」そんなことを改めて思う一日でした。

三宅泰世さんの、「シニアリーディングファシリテーター」になるためのトライアル講座に参加しました。シニアリーディングファシリテーターとは、リーディングファシリテーターを育成するための資格です。

たいたいさんとたろさんとのペアイベントは、半年ぶりでした。

 

私は、2016年8月にリーファシになりました。

読書会を開く人になります

その後、何回か読書会を開いていますが、リーディングファシリテーターとは?というのを改めて考えました。

本に向き合うだけならば、基本、ひとりでいいんです。
読む集中力が足りない…積読がたまったからで、集まってもくもくと本を読む。
RFAの読書会はそういうものではありません。

本を媒介として、自分や参加者と対話する。
でてくるキーワードが思いもよらないところで、つながったりする。

読書会では、そんなことがポロポロと起きてくるんです。

 

ワードジャングルを久しぶりに体験。

アイデアを企画したいなどにはいいとのこと。
写真では「アイデア」「抵抗」と並んでいますが…。

ランチタイム

ひさしぶりに、かえもんさんのお昼ご飯に大喜びでした。

 

たくさんのおかず、肉、魚、乳製品を一切使っていないのです。
また今回も、そうはいっても~と思いながらおいしくいただきました。

 

ファシリテーターって何だろう。

まだ模索中。司会進行役でも議長でもない。

 

そんなとき、この本が目に留まりました。

テーマとなる本を通して、議論ではなく対話がしたい。
そんな場をつくれるひとになっていきたい。

タイミングも運命的だったので、3月上旬の読書会のテーマは「ダイアローグ」の予定です。

おまけ

昨日食べたディナーで一番おいしかったものは?の問いかけ。

 

一日、「ポンカンサワーさん」って呼ばれましたよ。

キャベツのアンチョビ炒め、アンチョビさん、ピザハットさん、ロコモコ丼さん、シフォンケーキさん、ラムチョップさんと豪華メンバーでお送りしました(^^ゞ。

これ、いろんな方が集まるところでやると、お偉方でも、生姜焼きさんとよばれたりするそう。
場を和ませる方法っていろいろあるんですねー。

なぜ、酒なんだ?!と言われましたが、おいしかったんだもの…。

 

懇親会は、愛媛のお店だと聞いて、「ポンカンサワー引き寄せ!」と心が浮き立ちました。

道後サワー。

 

あいにく、ポンカンサワーはなくて、地ビール三種。

 

お肉もおいしかったです。

懇親会では「英雄の旅」のアーキタイプに、一歩も二歩も踏み込んだところまで話が飛び出しました。

 

たろさんのこれからの想いが込められた開催報告。

三宅泰世氏の「リーディング・ファシリテータ養成講座トライアル」開催

渡せる改革  三宅泰世のBlog

 


自分の物語はどうなっていくのかな?

 

 

The following two tabs change content below.
ゆき
ゆき
ゴマちゃん好きで、好景気にあやかってはじめた「アシベノミクス」。 3匹のチワワと暮らす/データ分析をしつつも感情優位/好きなものが小学生から変わっていない/左で絵を描き、右で文字を書く人/小中高とバレー部、大学は女子アイスホッケー。社会人ではバレーの試合中にアキレス腱断裂で引退/東京都在住/詳しいプロフィールへ
スポンサーリンク