ashibenomics , Happy healthy Life

読書感想文講座から内面を探る旅へ

「どうして夏休みの宿題に読書感想文を出されるのか、考えたことありますか?」
そんな問いかけからはじまった、ゆか先生の講座。
一緒に学ぶ仲間でありながらも、ご自身ではオリジナルの国語の教材で先生をされています。

文章力養成コーチ ゆか先生の「書きまくるトレーニング」

 

塾内でのゆか先生の講座。
1回目は「親子で国語ワークショップ」ということで涙をのみましたが、
今回はオトナ枠だけのお話。さっそくいってきました。

 


コーヒー好き(マイルドにしてみました)のゆか先生のお話を
みんなちゃーんと聞いてます。

読書感想文とワタシ

私自身、夏休みの読書感想文の思い出がほとんどありません。
親と一緒にやったわけでもなく、提出した感想文で、先生からほめられたという記憶もありません。

今でもそうなのですが、本の感想を伝えることにどうも苦手意識がありました。
今回の講座のタイトルは「子どものためのオトナの読書感想文講座」。

自分の最近の読書感想文に一番近い体験として、
「サポメ(*1)のブックレビューになぜついていけないのか問題」

週の後半になるにつれて、回答についていけないのは何故か?
スピードが速いとかそういうことではないな・・・ということに的をしぽって、講座を聞くことにしました。

なぜ書けないのか?

ゆか先生からのポイント

  1. きちんと本に向き合っていない
  2. 向き合いたいけれど、向き合い方がわからない
  3. はずかしくて書けない
  4. 選書ミス

 

1で頭をはたかれ、2でそうなんですー地団駄を踏み、3では、赤面。
4はサポメ本だからそこはクリア。一個ずつ読み解いてみました。

1.きちんと本に向き合っていない

本と向き合うこと、その中での引っ掛かりを大切にすること。

そこから自分がなぜそこで引っかかったかを内面に向かって対話すること。
ただ読むこと、目的にあっているかどうかといった読書にどんどんと走ってしまうと
自分の中を見つめる工程をおざなりにしてしまったんだろうなー。
自分の心のザラザラは、放っていては誰も面倒みてくれないよ。

2.向き合いたいけれど、向き合い方がわからない

・ゆか先生の読書法(ざっくりとね)
・付箋をもって、読みながら気になるところに、ペタペタは貼っていく。
・気付きや気持ちをメモをしてもよし。読み終わったら、その付箋のところを読み直していく。
・グループ化しつつ、何が気になったところを中心にして1.に戻る。


この講座の振り返りを家に付箋がなかったので、メモでやってみた。

 

3.はずかしくて書けない

書くことは、はっきりとしている。日記ならば書ける?
書いてもいないのに、はずかしいのは違う。

がぁーんでした。

はずかしくて書けないは、後付けの言い訳だったんです。
書くことと、それを世に出すことは同じではない。
黙っていても納得できてないのなら
立ちどまって自分の内側に耳を傾けてみる。

この後も講座は続くのですが、前半のこのあたりで、すでにノックアウトでした。 

そして目的に戻る

ブックレビューについていけない問題(自分の場合)。

  1. 著者の主題
  2. 勝間さんからの課題
  3. 自分の意見

 

ここがバラバラになっていて思考停止になる。

著者の言いたいことと自分の意見が違ってもいい。
勝間さんと自分の意見でも同様にいいんだよ。作者の意図を読み取る受験問題とは違うんだから、その時にあなたがどう思ったのか。

心ザラザラ問題と同じ、違う、あれ?をそのままにしておくのはもったいない。

もっと自分の中で、行ったり来たりして文章を泳がせる時間をよしとしよう。

まさに、テクニックではない、魂からの講座でした。
ゆか先生、本当にありがとうです!


「この講座の感想を書く」宿題をようやく完成。

今回の開催を取りまとめていただいた、わかばさんのすんばらしいまとめ。

小学生保護者は必読!読書感想文のセミナーに行ってきた①

小学生保護者は必読!読書感想文のセミナーに行ってきた②


(*1) サポメとは、勝間さんのサポートメールのこと。
1週間 365日、お正月もクリスマスも関係なくメールが届きます。
1週間で1つのテーマで進みますが、ブックレビューの週があります。
勝間さんという目利きが選んで、一週間で読み切るのです。一番最近では、「マシュマロ・テスト」でした。

 

 


書かなければ、はじまらないですね。

 

 

 

The following two tabs change content below.
ゆき
ゆき
ゴマちゃん好きで、好景気にあやかってはじめた「アシベノミクス」。 3匹のチワワと暮らす/データ分析をしつつも感情優位/好きなものが小学生から変わっていない/左で絵を描き、右で文字を書く人/小中高とバレー部、大学は女子アイスホッケー。社会人ではバレーの試合中にアキレス腱断裂で引退/東京都在住/詳しいプロフィールへ
スポンサーリンク