あなたは何色でみせたいのですか?

やればできる』の書評講座に参加しました。

数日たってもまだ、余韻に浸っています。

日々の暮らしで流れてしまう前に書き留めます。

IMG_4257
スモモ祭りは、あっという間に、あと一個。

 

書評、その前に

 

この講座には、希望者には課題がありました。ええ、提出しましたよ

 

IMG_4275

前半は、書評にまつわる話。

それをのせる媒体の一つである、ブログのこと。

小気味よいテンポで、ポンポンと進みます。

 

そもそもそのブログを何のために書いているの?
自分の立ち位置、すなわち自分軸ってどこにあるのか?

 

立ち位置がはっきりしていない。
ただ食べたもの、読んだ本、訪れた場所など、貼るのはなぜ?

 

 

やっぱりと思うところがたくさんありますね。
このブログで、「やっちゃった(;・∀・)」も多々発見!。

 

自分らしさってなんだ?

 

さて、私の書いた書評。
後日、開催報告のお礼をゆかさんに伝えたときに、こんなコメントをいただきました。

「参加者の中で、私の書評がいちばん私らしかった。」

とってもうれしかったです。ピックアップされたのですから。

 

ただしですね、その「らしさ」というのが、本人はいちばん見えていない。どこなの?とジタバタ。あれかな?これかしら?と絶賛妄想中。

おしえて、わかる人。(;^ω^)

 

赤ペン公開プレイ

 

後半は参加者11名の怒涛の赤ペン祭り!
原稿用紙のマス目に印刷された全員分の書評に、ゆかさんの赤入れコメント付き。

IMG_4280

 

小学校の作文の採点ですら、こんなに赤ペンは入ったことはない!
進研ゼミよりもはるかに多いコメント。
ひとり90分ほどかけ、ブログまで読み込んでもらって、赤ペンで指導つき。

IMG_4277

これだけの労力をひとりずつに、かけていただいたたのです。ありがたすぎる。
みんなの前で赤入れを公開される恥ずかしさよりも、感謝が10倍以上も上回って大興奮。

鼻息荒くしながら、11人全員分の講評を聞きました。

「この指摘を受けて、書きなおしてみてください。
ブログにあげるのをチェックするからね!」という言葉。

 

たくさんの愛の赤入れをどうやって、形にできるか。

理想と現実のギャップは、当分埋まりそうにありません。

自分ってどんな色に受け取ってもらいたいのかしら?

まずは、書評書きなおします!


添削前後の原稿

 

 


 

ゆか先生

書評以前の課題

ここ必読ですよ!!!

 

わかばさん

添削付き!ブログ書評講座に参加してきました
しっかりした準備があったからこその会でした。


同じ会に参加したお友だちの感想。
まりはさん
書くことは考えること

 

chocoさん
構成力