ashibenomics , Happy healthy Life

見ているものを描くこと

9月から月一回のペースではじめたデッサン会、今回で3回目です。
私の目標は「曲線の影を意識すること」。

今回のテーマ

モチーフは緑色の瓶にしました。

シンプルな瓶。さて、どうなる?
回を重ねるごとに、モチーフがシンプルになってきているのは、
描こうとするたびに打ちのめされているからなのでしょうか?(^^ゞ

みたとおりに描く

モチーフを見て描くときにいつも思うことがあります。
普段は、モノを見ているようで全く見ていないんだと思い知らされます。
シンボルでとらえているのみで、すでに頭の中にあるイメージと
すり合わせる程度のことしかしていないんだということ。
描こうとモチーフと向き合った途端に、情報がわわーっと押し寄せてくるのです。

線スケッチが好きなので、気がつくと輪郭線を何度もなぞりがち。
しかーし、今日はデッサン会!モノには輪郭線は存在しないんです。
線ではなく、面でとらえるように切り替えていきました。

左右対称のモノ

やっぱりぶち当たったのは、見たままのものを、紙に落とすことの難しさ。
左右対称のものを描いているはずなのに、紙の上では、
ゆがんだ瓶が鎮座しています。

輪郭線を目立たないようにしつつ、瓶が左右対称にならない( ; ; )。
もう少し、こっちがこうかな?どうかな?とどこか違う。
イチゴ先生に言われるがままに、席を立って後ろにひいてみることで、
やっぱり違うの繰り返しです。

思いどおりに動かない指に、もどかしさを感じながらも、制限時間の中で
どれだけ自分の理想とするものに近づけるのか?そんな体験です。

後から見なおすと、いろいろ出てきますね。

 

私の作品

参加者の方々の作品です。

ハロウィンはすぎてますけど…。
毎回、かぼちゃを描いている方がいます。次は私かな?

高級なツボ!

この日の午前中は、右脳バリバリで活性化状態でした。
そして、午後につづく。

 これまでの「大人の絵画サークル」
1回目(9月)

大人の絵画サークル開催しました

2回目(10月)

デッサンの季節

次回12/6(日)午前中が最終回。
会場が老朽化による建て替えのため、次回でいったん、一区切りとしています。
お時間が合いましたら、一緒に絵を描きませんか?お待ちしています。

 


ただ、モノと紙にむかえる貴重な時間です。

 

Facebookページ作りました。

 

The following two tabs change content below.
ゆき
ゆき
3匹のチワワと暮らす/写真/ガジェット/読書/統計/親指シフト/スケッチ/東京都在住/詳しいプロフィールへ
スポンサーリンク