ashibenomics , Happy healthy Life

小説からなにをうけとるのか

 

ここ数年、ビジネス書のたぐいを多く読んできました。

それらは、歯ごたえのわかりやすい本というか、わかってね!という著者の意図が、伝わりやすいような工夫がたくさんこめられています。

読んだ冊数は多くなるんですけれどね。
フォトリーディングやレゾナンスリーディングで読むと、記憶の定着もいいので、読んでどんどん自分が吸収して大きくなったような錯覚を起こします。
ゴロゴロして食べて飲んでで実際に大きくなっているんじゃないか疑惑は、ちょっと横に置いておきます。(;・∀・)

ただ、読んで、読んで、読んでを続けていると「行動してね」という本からのメッセージはどうしても二の次。
・テレビをカチャカチャとザッピング
・インターネットであちこちブラウジング
・ビジネス書をサラサラと読む
どれも大差ないレベルの時間の過ごし方のようです。
(あくまでも自分比)

そんな情報ジャンキーな状態だったので、
読後感をじーっくりと味わいたくて、小説を多めにしました。

その著者さんの本が読みたい思ったら、目的はただその世界観に浸ろうとして、amazonレビューはみないで、図書館から借りています。
読んだあとに、読書メーターへ感想を登録。
amazonレビューでは、酷評されていても、 ここでは針を刺すような言葉はほとんど載っていません。

どこかに、著者への敬意を感じるところが好きなんですね。
☆のスコアリングがないことも、パッと見の印象が薄いのがいいんです。

年末年始にかけてよんだ、厚めの3冊。
サラバは、上下巻を読むことで世界観がばっちーんとはまります。
西さんの本はどれも好き。

貘の檻は、道尾秀介さん。
トリックがききつつも、その独特の世界観に、
わかりそうでわからないまま読み進めました。
脳への刺激がほしかったら、ぜひどうぞ。


サラバ! 上
西 加奈子 小学館 2014-10-29
売り上げランキング : 3369

by ヨメレバ
サラバ! 下
西 加奈子 小学館 2014-10-29
売り上げランキング : 2222

by ヨメレバ
貘の檻
道尾 秀介 新潮社 2014-04-22
売り上げランキング : 298883

by ヨメレバ

その時間と引き換えにどんな感情を手に入れたいですか?
数年ぶりに立ち寄ったカフェはドキドキしました。

 

Facebookページ作りました。

The following two tabs change content below.
ゆき
ゆき
3匹のチワワと暮らす/写真/ガジェット/読書/統計/親指シフト/スケッチ/東京都在住/詳しいプロフィールへ
スポンサーリンク