ashibenomics , Happy healthy Life

情熱とスキルと有用性の間

RFA読書会に参加しましたよ。
オープン開催ではなくて、勝間塾内での募集なので、どんな方たちがいらっしゃるのかが分かるので個人的には、参加のハードルがとても低いのです。

田原町から眺めるこのアングルが好き。

 

 

テーマは起業

今回の課題本は、「1万円起業」。
リーディングファシリテーターは、おかちまち たろ さん。
ちょうど、勝間塾のサポートメールでも「起業」をテーマにしている週でした。


起業って、壮大なことをイメージしてしまいなかなかジブンゴトに引き寄せていません。

机の上には、昭和を呼び起こす駄菓子たち。
麩菓子やラムネに浮かれてしまいます。

 

著者が若い

自己紹介の後に、著者ってこんな若かったのかと動画に驚きました。
英語はよく分からず、、、。

顔写真だけでも。
Art of Non-Conformity
クリス・ギレボーさんのブログ(英語)

 

 

 

 

 

ここの読書会では、「レゾナンスリーディング」を体験しながらグングン進みます。

この読書法、エッセンスはどうなっているのかが、どうにもこうにも気になって、今度、学んできます。ワクワク。

1万円起業の成功について、次の方程式が大切というのが刺さりました。

情熱やスキル+有用性=成功

情熱がなくては動けないけれど、情熱だけでもね。
あとは自分のスキルが相手のニーズに合っているかが成功の鍵。
分かってはいるんだけど、それってなんなの??ともなりがち。

 

童心に帰る

自分のマイクロビジネスを考えよう!というワーク。

まさに小さい頃を思い出そう!と遊びながらのワークです。

 

slooProImg_20150526175025.jpg

 

ワークよりも、延々とシャボン玉に興じるわたし。
ポタポタとワークシートにシャボン玉液が垂れてもなんのその。

 

何が出来るかなー。
書くのはタダなんだから〜という声が飛び交います。

小さいときの記憶を掘り起こしながら、友達同士でこっそりとシェアしたり、それがまったく違いものだったり。そこに溢れているのは、楽しかったという思い出とともに語られる言葉でした。

起業って、およそ私の想像のはるか向こうにあるものでした。
読書会でマイクロビジネスの種をいくつか拾いました。
そのまま、干からびてしまうのか、土に植えて種をまいてみようかな?と思いを巡らせる時間はなかなかゆるりとして心地よいです。

ご一緒したみなさん、ファシリのたろさん、ありがとうございました!

文庫本もでましたねー。

The 100 Startup

著者の1万円起業のサイト

 

 

 

 

 

これまでの読書会参加記録。

本を読まない読書会?!

CEOからDEO を RFA で向き合ってみた

The following two tabs change content below.
ゆき
ゆき
3匹のチワワと暮らす/写真/ガジェット/読書/統計/親指シフト/スケッチ/東京都在住/詳しいプロフィールへ
スポンサーリンク