ashibenomics , Happy healthy Life

ちゃあ責任編集「犬は夫だと思ったらどう?」

ニヤリ。なんか、悪いこと考えてる?
ある日、母ちゃんがぷんぷん怒っていた。「ちょっと、このタイトルなによ!」

 

俺はのんびり、丸太みたいな足にのっかっていたんだけどさ。

まだぶつぶついうんだよ。「これないんじゃない?」「表紙はかわいいけどさ」

「やっぱり失礼だよ、そう思わない?」

俺に同意を求めてる、いったいどうしたっていうんだよ。

「図書館で借りてみる!」

 

本が届いた

プンスカ怒ってから、数日後、本をもって帰ってきた。

 

『夫は犬だと思えばいい』

へーーーー。俺みたいにおもってくれるのか。

 

「これって犬に失礼だよ!」

あれ?かーちゃん、Amazon書評とは、ちがう怒り方をしている。

この本、子育ての本て、基本的に男女は構造が違うんだって。

「夫は犬だと思えばいい、妻は猫だと思えばいい」といった流れで講演してうけているんだって。

俺的には「犬は夫だと思えばいい」ってどう?

え?今よりももっと、雑に扱っちゃうの?まじで?放置しちゃうの?

かーちゃんにとって、夫ってそういうもんだったの?

だからさー・・・(以下略)

全面降伏のちゃあ。

 

かーちゃんの言い分

夫という存在をどう位置付けにするのか?

この本の「犬」という「アイコン」にどういう意味をもたせているのか?

このタイトルだけをみて、どう受け止めるのかは、その人が持っているイメージに寄るんですよね。

私自身はこの言葉だけ聞いたときに、無性に腹が立ったんですよね。

会社の犬、社会の犬といった意味合いで、犬をもってくるんだったら、犬に失礼じゃないか!ってしばらく腹が立っていました。

本を読んだら、そんな意味合いだとは言い切っていないし、そのイメージは私の中で勝手に描いていたもの。しばらくして、この怒りは、頭の中の一人相撲で湧いてきたに過ぎないとすーっとさめました。

 

 

 


表紙の写真がかわいいだけに、なんだか読後感がよくなかったんです。

 

 

The following two tabs change content below.
ゆき
ゆき
3匹のチワワと暮らす/写真/ガジェット/読書/統計/親指シフト/スケッチ/東京都在住/詳しいプロフィールへ
スポンサーリンク