ashibenomics , Happy healthy Life

内側への関わり方を読書会で体験

「身体の声を聴く」、それも読書会でなんて、どうやるんだろう?

そんな疑問をもちながら参加しました。

以前より、たいたいさんが、少し手をかざしてよみとったりすることがあり、いったい何が起きているのだろう…と思うことが何度かありました。 

たいたいさん(*1)の新しい読書会シリーズ「COURSE OF ARCHETYPE UNIVERS」(*2)のはじまりです。

アーキタイブ(元型)をさぐるということに、とても興味がありました。

たいたいさん、今年度から、マーケティング部門長になり、対外的にも今まで以上に活動範囲が広がっているそうです。

これまでもタイミングがあえば、「企業内イノベータ読書会」に参加してきました。

キネシオロジーを読む

その昔、たいたいさんはキネシオロジストでもあったそうです。基礎を簡単にできるおすすめの一冊にとりかかりました。

 

 

キネシオロジーは、筋肉反射テスト。

その入門本を読み解いていくのですが、その読み方自体も今までとは少し違っていて驚いてしまいました。

 

実際に読んだ後で、キネシオロジーを体験してみました。

好きなもの、きらいなもので、自分の体の反応が変わること。

なんでもかんでも筋肉反射で読み取れるわけではないのですが、自分の内側の声をきいてみるって普段やっていないことですね。

ここ数か月、「五感で感じろ」というキーワードが自分の周りにあふれているんです。

 

ややもすると、目や耳にに入ることだけで判断しがちなのですが、もっとたくさんのことを自分自身受け取っているだろうし、さらに自分自身からも多くの声があるとしたとき。そのつかみ方として、キネシオロジーはよいきっかけになるといいな。

 

アーキタイプをさぐる

幼子、孤児、戦士、援助者、探求者、破壊者、求愛者、創造者、統治者、魔術師、賢者、道化という12個のアーキタイプが、英雄の旅で紹介されています。

チェックリストで本当にそのアーキタイプがさぐれるのでしょうか?

また、たったひとつだけ?自分の周りを取り巻くもの、自分の内側にいるアーキタイプをさぐっていくことになりそうです。

この旅はまだはじまったばかりです。

 

身体がよろこぶぶものをいただく

このイベントは、準備もふくめて安心感があるんです。

こうして、ひさしぶりにかえもんさんのランチ(*3) をいただきました。

今回もとてもおいしかったです。

まだまだはじまったばかりの読書会。興味のある方はお声掛けくださいませ。近いうちに、続編があるそうです。

 

(*1) 三宅泰世公式サイト

(*2) どんどん進化していくそうです。
COURSE OF ARCHETYPE UNIVERS|あなたの元型とあなたの宇宙のコース

(*3) かえもんさんの特製ランチ

 

 


家のワンコにもためしてみようっと

 

 

 

The following two tabs change content below.
ゆき
ゆき
3匹のチワワと暮らす/写真/ガジェット/読書/統計/親指シフト/スケッチ/東京都在住/詳しいプロフィールへ
スポンサーリンク