ashibenomics , Happy healthy Life

リセットボタンを押すタイミング

これまでの延長線上に、これからがあるなんてわからない。仕事に対して、最近は特に感じています。

「先行不明のエスカレータ」…この言葉にドキッとしました。

とはいえ、複雑なエレベータに乗れるのかというと…。

こちらの記事を読みおわったかどうかのタイミングで、Amazonで買いました。

ナナに届いたよと見せても、スルーされました。ナナは、仕事人生じゃなかったね。

ただ、私がこの本ですごいなと思うところを伝えるから、聞いて。

裏表紙に「自分年表」がついてくる

コピーして使ってねとのことです。本の中で、為末さん自身の自分年表もみられます。

ナナすこし、興味出てきた?

 

あの時なにがあったのか(+そこから得たもの)

本書において、為末さんは、中原と対話を重ねることで、自分のキャリアを振り返りながら「自分年表」という一枚のマップをつくっていきます。
 そのうえで、自分は、「転機ーリセットボタンを押さなければならないタイミング」において、何に迷い、何を選択してきたのか。そして自分には「どんな特徴」があるかを考えていきます。

為末さんご自身のキャリアの話しを通して、こうやって振り返るのかと実感しました。

リフレクションの意味が分かった

ふりかえりがどうにも苦手意識がぬぐえない私。ふりかえってどうするの?という邪悪な心がわいてくるんです。

 

このフレーズで霧が晴れたようです。

過去を見える化し、さらには意味づけること。
過去を意味づけることで、未来をつくること。

リセットボタンに手を掛けたり、それをおそるおそる押す「前」には、そうした作業が必要になるとのこと。

いきなり未来を考えると、考えることをすぐにやめてしまう私には、過去からのつながりをもって先を見るということが、すとんと腹落ちしたんです。

 

これまで読んでいたブログでの話も、こうして、対談形式で読むと入り方が違いますね。

一緒に教えを受けているような感じでした。

そして、中原さんのピボットターン理論の記事を思い出しました。

このリンク先の記事もいいです。若い学生さんからの相談への回答なのですが、学生ではなくても染みます。

 

為末さんから繰り出される、数々の比喩が本当に素敵でした。

・「魔法の杖」を夢見ていた

・「最後のかけら」さえもこの一言で打ち砕かれました

・「勝者バイアス」がかかっているんでしょうね

・スポットライトと漆黒の闇を走り、僕は今、生きています

 

 

メタメタ認知するナナです。

 


リセットボタンを押したくても、ファミコンを買ってもらえなかった私です。

どうにも、投稿まで行き着かないので、こまめに書きます。

 

 

The following two tabs change content below.
ゆき
ゆき
ゴマちゃん好きで、好景気にあやかってはじめた「アシベノミクス」。 3匹のチワワと暮らす/データ分析をしつつも感情優位/好きなものが小学生から変わっていない/左で絵を描き、右で文字を書く人/小中高とバレー部、大学は女子アイスホッケー。社会人ではバレーの試合中にアキレス腱断裂で引退/東京都在住/詳しいプロフィールへ
スポンサーリンク