ゆるスケッチ賞いただきました

好きなことに時間をとろうとしても、つい他のことに気を取られてしまいます。絵を描きたいこともそうでした。ときどきわきあがる絵を描きたい熱に任せているだけでは、気まぐれなまま。定期的に自分のチカラだけで描くのは、続かないのがわかったので、カルチャースクールに通うことにしました。

2017年、春から夏にかけて池袋西武のコミュニティカレッジに通っていました。

講師は、永沢まことさんを師とあおぐ麗子先生なので、私にはどんぴしゃです。

 

初回、4/2は、野外スケッチからのスタートでした。久しぶりすぎて手が動かないなぁと思いつつ、ケーキセットをいただきながらのクロッキー帳での練習。

 

 

久しぶりにスケッチを再開しました。 #pensketch #ゆるスケッチ本

ゆきさん(@yukipensketch)がシェアした投稿 –

描きたいものみて描こうとすると、ものってこんな形をしていたんだ!とあらためてわかる瞬間が好きなんです。

観察しながらも、どこを描くかは自分次第というところもお気に入りポイント。

 

春先にこんな記事をかいてました。ゆるスケッチ本をみつけて買った話でした。

その本の企画の「ゆるスケッチコンテスト」に応募していました。

 

 

えっと、「ゆるスケッチ賞」をいただいておりました。

しばらくinstagramアカウント(@yukipensketch)を確認していなかったため、コメントが載るのがおそくなりました。本当に失礼しました。

 

練習帳はこちら

絵を描くことは、やりたいことの柱の一つなんだなと実感してます。

描いているうちに、向こうをむいて寝てしまったちゃあ。

寝顔を描きたかったのにな。


そっち方面に進むの?と何人かにきかれましたが、そんなことはありません。昔、やりたかったけれど諦めたことを少しずつ、取り戻しています。