ashibenomics , Happy healthy Life

まず何をしたいのかを決めていますか?ブレインプログラミング読書会

科学的根拠に基づいた願望実現達成の本なんだよ!という熱い言葉で「脳をプログラムする読書会」を共同開催しました。

 

共同開催している私たち、職業はシステムエンジニアなんです。本のタイトルにもある「ブレインプログラミング」というキーワードがささりました。

 

著者のアラン・ピーズさん、バーバラ・ピーズさんはご夫妻。以前に「話を聞かない男、地図が読めない女」という本で有名ですね。

今回は、男性女性という切り口ではなくて、願望を達成するために必要なことを脳科学という側面で切り込みます。

Amazonの説明より

本書に書かれていること:
●脳科学の最新研究をどう利用すれば、
人生を成功に導くことができるのか?
●人生を変えるには、まず何をすればいいのか?
どうしたら自分の望みを知ることができるのか?
●信念を持って目標を貫きとおし、
仕事も人間関係もバラ色の人生を手に入れるには?
「今の状況から抜け出したいのに、
どうしたら最初の一歩を踏み出せるのかがわからない」
そんな悩みも本書を読めば解決する。
この本を読めば、
あなたが心から望むことが何なのかがはっきりし、
それを手に入れるための方法がわかるだろう。
そして、これからの人生で、
どこへでも行きたいところへ行けるようになるには、
どうしたらいいのかを知ることができるだろう。

読みたくなってきましたか?

参加していたてだいたpecoさんのブログ

ありがとうございます!あ、私、寝ていませんので(^◇^;)

 

そして、たろさんも書いてくれました。こちらです。

ゆるい読書会…あ、わざとではないんです。

参加ありがとうございます!

 

脳のすごいしくみ「RAS」ってなんだ?

網様体賦活系(もうようたいふかつけい)がポイントなんです。

読書会スライドより

このしくみをうまく使うには、

「まずは何をしたいのかを決める。」

どうすればそれがかなうのかを考えない。
目標を心に決めれば、答えはすぐに見えてくる。

とあります。そのための方法がたくさんでてきました。

私も読んでみました。

レゾナンスリーディングのファストステップですすめました。

開くと、章の切り替えのページが出てきました。

せっかくなのでお絵かき。

左の山のキーワードにでてきた「Aリスト」が気になって調べました。

 

 

これまでの人生で興味を引かれたこと、おもしろそうだと思ったことのリストをつくろう。
書き出すときに、出来るかできないか?意味があるか?といった自分の判断を挟まないこと。
目標を紙に書いて、じっと見つめるうちに、自分にとって本当に大切なことは何かがわかってくる。すると、RASが目覚めて、その大事なことのために働き出す。

P.68-69より一部抜粋

この書き出したリストを「A」 「B」 「C」の3つに分けるのだそう。そして、その中で、今やりたい順番をつけていく。

Aリスト:近いうちにきっと達成できるだろうと思うこと、今の自分にとって、もっとも大事だと思えること。

Bリスト:今の自分にとって大事ではあるけれど、本当に達成しようと決断する前にもう少し考える時間がほしいこと。

Cリスト:おもしろい、挑戦してみたいと思うけど、A、Bリストに入れるほどの意欲をかきたてられないこと。できれば達成したいこと

本を読み返したら、いますぐリストを書け!とあったので、書きましょう!

私も、この記事の途中にメモを取りました。

いざ、やりたいことを書こうとすると、ひとつひとつにジャッジをいれがちなんですよね。

アクションプランを考える

Read For Action(RFA)読書会なので、これからどうする?というのを立てるようにしています。

 

いますぐできることで、その日にインストールして、1時間どっぷりとはまったゲームアプリを削除しました。3matchゲーム、恐るべし^_^;

 

おまけ

「うまくいく人の習慣」リスト(P.222)をいつでも目に入るように、スマホの待ち受け画面にしました。

 

ニヤニヤして、文字が目に入っているのかしら。

 


 リストをどんどん精査していこうっと。

 

 

 

The following two tabs change content below.
ゆき
ゆき
ゴマちゃん好きで、好景気にあやかってはじめた「アシベノミクス」。 3匹のチワワと暮らす/データ分析をしつつも感情優位/好きなものが小学生から変わっていない/左で絵を描き、右で文字を書く人/小中高とバレー部、大学は女子アイスホッケー。社会人ではバレーの試合中にアキレス腱断裂で引退/東京都在住/詳しいプロフィールへ
スポンサーリンク