ashibenomics , Happy healthy Life

読書会ひとくぎりです

いままでは、仮想敵を作り、それに対抗するように自分を奮い立たせていた。

思い通りにならない仕事や職場の不満をぶつけるように、理想の形を追い求めて動いてました。

それが、ふとしたことで仮想敵だと思っていた相手が、手のひらをひらひらとさせて、お待ちしていましたよといわれた。期待しているといわれ、ゲートが開かれてしまった。

ちょっとまってほしい。

敵に対して、がんばろうと自分のケツをたたいて走っていたことが、忽然として、意味をなさなくなったのだ。

そんな思いを抱えたまま、数か月過ごしていた。

ゆるく活動していたこの読書会にしてもだ。

読書会を開いた理由

気の合う仲間と集って、ためになる本を読みながら対話をする。それだけでよかったはず。

そんな日々から、会社内で読書会を開いて、組織をかえた人を紹介してもらった。友人が事務局をして、彼がひらくワークショップ型の読書会に足しげく通った。そのうちに、社内でも広めようという想いでリーディングファシリテーターをとった。

いっしょに資格をとった友人と、練習として読書会をひらいた。やがて、定期的に開くようになり、何度か社内で読書会もひらいた。

 

自分が関心のある分野の本を何回かとりあげていた。

そう、仕事ではなかなか使う機会がなかったからだ。

 

秋から異動して、くるりとそっち側に入ってしまったのだ。

もう、仮想敵はいない。

 

この一冊は、分析に携わる人には読んだ方がいいと選んだ一冊。

また、仕事を依頼したい側も、いったいどうなっているのか?という点で触れるのにもおススメ。

 

今回、これまで2016年秋から、毎月開いていた読書会も、12月で一区切りにした。

お互いに時間を合わせづらくなってきたのと、そろそろいいんじゃないのかな?が一致したから。

 

何かを始めるよりも、続けていたことを終わりにする方が、すこし物悲しい。

定期的な開催をしなくなることで、どんな変化があるのかはわからない。

ただ、仮想敵がいなくなった私には、開かれたゲートを前にして、どうしようかとうろうろしてばかりもいられない。そもそもが、戦うものなのかも含めて、想いを巡らす年末にしていこう。

 

右側の本は、2013年に手に取って、こういうことがしたいんだよ!と熱くなっていたのでした。

 

 

河本さんの新刊が出ていたので、読んでみます。

 

おまけ

2014年4月に内輪のイベントで統計の話をしたことがありました。そのときのメモです。

 

 


iPhone8 plusになり、どうぶつの森 ポケットキャンプがさくさくと動く。

せっせと、動物たちの御用聞きとなり、果物をとり、虫をつかまえ、魚を釣る。

キャンプ場にどんどん仲間を呼び込み、最近ではガーデンに花を植えるようになった。

前にDSでのんびりとやっていたときと、趣が少しちがう。なんだかせわしないのだ。

なんということだ。敵は自分の中にいる……。

 

 

The following two tabs change content below.
ゆき
ゆき
ゴマちゃん好きで、好景気にあやかってはじめた「アシベノミクス」。 チワワと暮らす/データ分析をしつつも感情優位/好きなものが小学生から変わっていない/左で絵を描き、右で文字を書く人/小中高とバレー部、大学は女子アイスホッケー。社会人ではバレーの試合中にアキレス腱断裂で引退/東京都在住/詳しいプロフィールへ
スポンサーリンク