新しい商人の世界がひらく一冊

コルクラボで伊東潤さんのPRJに参加しています。
読書会ではご本人も参加されて、著作のみに限らず、様々なジャンルの課題本となります。

 

最近、文庫本が出ていたので手に取りました。

 

そして朝起きたときの違和感の話。

書きながら感じていた違和感は、漢字(異和感)がしっくりしなかったこと。なんなら調べればよかったよ。