2018年09月

本棚に戻る


漫画も本も関係なく、読みたいものを読むモードになっている。あとは、人から紹介されたり、おもしろそうという感覚をまず一番に選んでいるかも。


9月の読書メーター
読んだ本の数:25
読んだページ数:4568

私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない感想
食べるための心構えや意識について。
素材を味わっていきたい。
読了日:09月30日 著者:小倉朋子

自分を傷つけずにはいられない 自傷から回復するためのヒント自分を傷つけずにはいられない 自傷から回復するためのヒント感想
わからないものとしてみないのではなく、こういう流れでおこることもあるのかと読みふける。
よりつらくない方へという思いはきっと同じ。
読了日:09月28日 著者:松本 俊彦

やってはいけないデザインやってはいけないデザイン感想
事例が豊富でピンポイントでわかりやすかった。わりとやってはいけない方をつかっているかも。
読了日:09月26日 著者:平本久美子

「とにかく優位に立ちたい人」を軽くかわすコツ「とにかく優位に立ちたい人」を軽くかわすコツ感想
相手をパターン分けして、それぞれへの対処法を示している。
パターンのうち、これ、自分でもやっているよなぁというのがあって、焦る。
そして、自分を基準にするというのは本当に大切だと思う。
読了日:09月25日 著者:石原 加受子

恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。 (幻冬舎単行本)恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。 (幻冬舎単行本)感想
とてもきれいな恋の短編集。四季にそって恋を語るなんて、甘く切ないものから、ちくりとするものまで。
バーで素敵なカクテルをいただきたくなります。
読了日:09月25日 著者:林伸次

あなたの人生、片づけますあなたの人生、片づけます感想
軽く手に取ってみけれど、それぞれにしみいる話だった。
自分もそうなりたいと思う部分が多数あり。読みながら片づけたくなる。
また読もう。
読了日:09月24日 著者:垣谷 美雨

阿・吽(6) (ビッグコミックススペシャル)阿・吽(6) (ビッグコミックススペシャル)
読了日:09月23日 著者:おかざき真里

私とは何か 「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)私とは何か 「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)感想
再読。
知人のふるまいで違和感を感じている自分も、あらためて分人を読む。そのふるまいは分人が違うからだと腹落ち。
小説も読もうと、ドーンを少しずつ読み始める。
読了日:09月22日 著者:平野啓一郎

Ns’あおい(5) (モーニング KC)Ns’あおい(5) (モーニング KC)感想
新たな先生の登場とおばあちゃんとのやりとりにグッとくる
読了日:09月21日 著者:こしの りょう

空気を読んではいけない空気を読んではいけない感想
ストイックな生き様を垣間見た一冊。
箕輪さんとHATASHIAIのセコンドにいらしたところから気になって読んでみた。
読了日:09月20日 著者:青木 真也

今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則――『ジャイアントキリング』の流儀今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則――『ジャイアントキリング』の流儀感想
私自身の行動パターンが、フォーミングレベルなのかもと思わされた一冊。
ジャイアントキリングを読みたくなった。
読了日:09月19日 著者:仲山 進也

野の医者は笑う―心の治療とは何か?―野の医者は笑う―心の治療とは何か?―感想
私がこれまで傾倒してきたものもいくつか入っていた。
どれが正しいか否かという判断ではなく、どういう状態になりたいかを問いかけて行く時間そのものが大切なのかもと実感。
セラピーと自己啓発が地続きになっているようだ。
読了日:09月18日 著者:東畑開人

Ns’あおい(4) (モーニング KC)Ns’あおい(4) (モーニング KC)感想
線引きが難しいけれど、実際にあってもおかしくないんだろうし、こういう仕事をしていることに感謝しかない。
読了日:09月18日 著者:こしの りょう

Ns’あおい(3) (モーニング KC)Ns’あおい(3) (モーニング KC)感想
あおいがナースになった原点が垣間見えた回。
こんなにいい子はいるのかな?と思えるほどにいい子。
読了日:09月17日 著者:こしの りょう

Ns’あおい(2) (モーニング KC)Ns’あおい(2) (モーニング KC)感想
とても嫌だ!とおもった上司にも、きちんと向き合って心を通わせるってちょっとやそっとではできない。
悪役のまま終らないところが好きだな。
読了日:09月16日 著者:こしの りょう

Ns’あおい(1) (モーニング KC)Ns’あおい(1) (モーニング KC)感想
医療もので、読んで重たい気持ちにもなるけれど、ところどころクスリと笑える部分も織り交ぜられていて、読んでいてすっきりした。
読了日:09月16日 著者:こしの りょう

ファンベース ──支持され、愛され、長く売れ続けるために (ちくま新書)ファンベース ──支持され、愛され、長く売れ続けるために (ちくま新書)感想
仕事でファンを大切にとなったら必要になる一冊。

読了日:09月11日 著者:佐藤尚之

Ns’あおい(1) (モーニングコミックス)Ns’あおい(1) (モーニングコミックス)感想
最後まで読み進めたい。
読了日:09月11日 著者:こしのりょう

超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 (PHP新書)超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 (PHP新書)感想
他人と過去は、変えられない。が変わるということ。
自分を変えようではなく、自分の中の新たな自分を育てようと考えること。
そんな風にフラットに考えていけたら、ラクになるだろうし、視点が広がるだろう。

読了日:09月11日 著者:荒川 和久

文章を整える技術 書いたあとのひと手間でぜんぜん違う文章を整える技術 書いたあとのひと手間でぜんぜん違う感想
ていねいに、推敲前後の文章を並べてくれている。
書くこと以上に書いたものをどう見直すかを教えてくれる一冊。
読了日:09月04日 著者:下良 果林

知性は死なない 平成の鬱をこえて (文春e-book)知性は死なない 平成の鬱をこえて (文春e-book)感想
うつ病になった立場からの体験談にとどまらず、政治学の話も盛り込みつつ、ここまでまとめ上げたことがすごかったんだなと最後に思わせてくれた。
心の風邪だからと簡単に片づけられないくらい大変だったんだろうなぁと、前半の部分から伝わってきた。

読了日:09月03日 著者:與那覇 潤

阿・吽(5) (ビッグコミックススペシャル)阿・吽(5) (ビッグコミックススペシャル)
読了日:09月03日 著者:おかざき真里

阿・吽(4) (ビッグコミックススペシャル)阿・吽(4) (ビッグコミックススペシャル)
読了日:09月03日 著者:おかざき真里

組織にいながら、自由に働く。組織にいながら、自由に働く。感想
キャリアをどう組み立てていったかを加減乗除にあてはめて説明してくれている。
今の自分のフェーズはどこなんだろうと立ち止まるきっかけをくれる。
読了日:09月01日 著者:仲山進也

阿・吽(3) (ビッグコミックススペシャル)阿・吽(3) (ビッグコミックススペシャル)
読了日:09月01日 著者:おかざき真里


読書メーター